読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【瞬時に結果が出る営業】顧客の特性を活かす、成約率3倍メソッド

お客様の特性を瞬時に判断して、適切な対応方法を取ることにより成約率を3倍にするメソッドです。

周りを気にせず劇的年度ダッシュ!

んにちは。

いよいよ桜が咲き春ですね。

そこで頭の中をスッキリさせるお話です。

詳しくは、
ここをクリックして見て下さい。


さて、
今までに仕事をしていて、

頭の中で気になって、気になって、

仕方がないということありますよね。


上司、先輩、同僚、後輩と、

自分の周りには、
たくさんの人が
います。


仕事でやらなくてはいけないことも、

山のようにあります。


その気になることを
頭の中から取り除かないと、

イライラとしてきて、

ストレスになります。


だから、スッキリさせましょう。

転職サイトや退職理由をググる

表示されることは、

「違う仕事にチャレンジ」

「他のことをやってみたい」

「もっと技術を磨きたい」

と前向きの理由が、
上位に出てきます。


しかし、

本音の理由というサイトでは、

人間関係に関する理由が
上位の半数になります。

上司、先輩、同僚、後輩との関係、

経営者、顧客、周囲の人との関係、

それらが理由になっています。


これらは、頭の中にあるストレスが

原因です。


一つは、売上のノルマ、

さまざまな報告、事務手続き、

雑多なこともあります。

詳しくまとめました。
ここをクリックして見て下さい。

では、どうすればよいのか。

ぼくは、初め気にしないように、
と言い聞かせてきました。

でも気になるんです。

イライラは解消できませんでした。


「なぜ、話を聞いてくれない」

「どうしてわかってくれない」

「できるかな?できないかな?」

「でもやらなくちゃ。」

売上がちらつくと、

お客様の前で焦ってしまいます。

早く契約取らなくちゃ。


それが逆だったんです。


営業のプロセスを忘れてしまい、

売り込みに熱を入れていました。

「何のために、営業ノウハウを

 身に付けて来たんだ。」

焦ってしまっていた時に、

先輩からアドバイスをもらいました。


『手放すんだ』

そう、言われても、

なかなかできません。

手放しているつもりでした。

それが違っていたんです。



やっと、解決しました。

手放そうという思いながら、

「手から離そう」
と意識していたのです。

だから、自分の手から離そうと、

一生懸命、手を振っていました。

でも、離れないんです。


そもそも、離そうとしたこと自体が、

間違っていました。



『手放す』ということは、

『離す』ことではないのです。

字で書くと分かりやすいですが、

頭で考えているときは、

同じイメージでした。


『手放す』ためには、

そのことを意識しないように
することかな、

と考えましたが、できません。

意識しないようにすればするほど、

私の脳に、張り付いています。


『手放す』ためには、

それがあることを認めて、

それよりも優先順位が高く、

やらなければいけないことに、

集中することだったんです。



まず、優先度が高く
重要なことに自分の脳を

集中
させます。

すると、
自然に手放そうとしたことが、

脳から放れていきました。

他のことが気にならなくなりました。


これまで、何年も、

いや生まれてから、

今までに、手放すことの本質が、

掴めていなかったのです。


ヒトの脳が自動的に行っていると、

学んだ後でも理解せず、

体感的に身に付きませんでした。


今からは、
体感で手放せます。

何か、生まれて初めて、

ウキウキする感じで、

人生が明るく楽しめそうです。


あなたが、
手放せないことは何ですか?

手放したいことよりも、

優先順位が高く、
重要なことに、
集中しましょう。

脳をそのことで満杯にしてしまえば、

手放せます。

さあ、やりましょう。

人の悩みは解消できます。

今すぐ、

ここをクリックして見て下さい。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。